保育園,0歳児,運動会

保育園での0歳児の運動会

保育園,0歳児,運動会

今年も保育園で運動会がありました。無事に秋晴れになってくれてうれしく思います。3歳になってから 初めての運動会も今年も無事に終了しました。

保育園で運動会をすることは当たり前のことかもしれませんが、赤ちゃんの頃から少しずつ大きくなって、 毎年できることが増えていくのを見る喜びはおおきなものがあります。 去年はできなかったことが今年はできる、当たり前なのかもしれませんが、子供の成長を見ることができるのは うれしいものです。

うちの子は0歳から保育園に通っていることもあり、0歳児からすでに運動会を経験しています。 保育園に通い始めて最初の年の運動会から参加したのですが、 0歳の子に運動会って!?、と初めて聞いたときはちょっとびっくりしてしまいました。 0歳児に何ができるの?ってきっと誰でも思うんじゃないでしょうか?

確かに何もできないんですけど、実際に参加してみると、いわゆる「運動会は参加することに意義あり!」という感じが ぴったりでした。

何より、自分の子供が保育園の行事に参加しているという感覚と、日常とは少し違う特別な時間を過ごせるというのが なんだかワクワクします。

0歳のときは、マットの上に置いてあるボールを拾って動かしたり投げるという演技?(競技?)がありました。 まだ立つことができなかったので、何もできないだろうと思っていたのですが、うちの子がボールを手で押して 動かしただけで、なんだか立派に運動会を勤め上げている気になり、とてもうれしかったのをよく覚えています。

なんだかんだ言って、少しでも子供が反応を示してくれると親も楽しいものなんですね。

保育園の場合は、親子参加での演技というのもあります。これは毎年やっているみたいです。 0歳児のときは、子供を前向きに抱っこして上にあげたり下に下げたり、親の足の上に乗せて一緒に歩いてみたり といったことをしました。大したことのないように思えるのですが、実際に参加してみると子供との一体感が あってよかったです。毎日のように一緒にやっていたことだったのですが、運動会という場でやるととても 味わいのあるものになりますね。

0歳児の演目はこれくらいだったです。まあ、あまりできることがないので出番も少なくなりますが、 運動会が終わると妙な達成感を感じました。

一つの節目を越えたというか、0歳児でもみんなと一緒になって演技ができた、といったような気持ちです。 リレーで1番になるというわかりやすい成果はありませんが、子供の成長を祝うような感覚があったのは 確かです。

まさに参加することに意義ありですね。

関連記事
保育園での0歳児の運動会
慣らし保育はどんな感じ?初めて0歳児を預けたとき
手足口病になったら保育園に行くことはできるか?
3歳児の保育園の遠足

Copyright © 保育園での子供の生活〜0歳から5歳までの記録 All rights reserved